« <手相マンガ>「セレブ婚できる!…かもしれない相」(携帯版)③ | トップページ | <手相>悲劇のヒロインになりたがる感情線 »

2010年5月11日 (火)

運命の出会い、ジョン・ボン・ジョヴィの手相

わたしが本格的に手相の勉強を始めたのは、8年ぐらい前の事です

たまたまHPのほうに載せていた手相マンガ(純粋に趣味で描いていました)が出版社の方の目にとまり、手相本を書いたのがきっかけです

勉強し始めると手相の面白さにすっかりはまり、とうとう手相家にまでなってしまったのです


わたしが手相に最初に興味を持ったのは小学生の頃でした


父親の本棚の本をながめていた時、1冊の手相本を見つけたのです

その本はもともと父の母(わたしの祖母)のもので、父が実家を出る時に持って来たらしいのです

今はもう手元にないのではっきりとはわかりませんが、おそらく大和田斉眼という方の著書だったと思われます


その人はわたしの手相本のバイブルであるキロの『手相の言葉』を訳された方です


その後友だちや漫画家の先生方の手相をみてましたが、最初に仕事で手相鑑定をしたのは実はあのジョン・ボン・ジョヴィだったのです!

25年ほど前、当時イラストの仕事をしていたある音楽雑誌で、ミュージシャンの手相をみるコーナーがありました

当日手相家の方が急に予定が入ってしまい、ピンチヒッターでわたしがみることになったのです

忘年会でみなの手相をわたしがみたので、編集長はわたしが多少手相をみれる事を知っていました


当時ボン・ジョヴィはデビューしたばかりで、たしかロックフェスティバルの前座のために来日していたと思います

彼の手相は、実は今ははっきりとは覚えていません

ですが、シロウトのわたしにもわかるような素晴らしい相だったようです


「あなたは絶対にビッグスターになる!」と連呼したのを覚えています

まわりの人に話したのを最近聞いたのですが、なんでも「太陽線がすごかった!」と言っていたらしいのです
(太陽線:薬指の下にあるたて線です)


新人の時にそう言われれば誰でも嬉しいでしょう

その時ジョンはわたしにの手の甲にキスしてくれました(!)

その後あれよあれよという間にビッグスターになっていったので、その時わたしは『手相は当たるんだ!』と確信したのです


つい8年前までは、その事はずっとわたしの中ではただのラッキーな体験談でした

でも手相家になった今となると、あれは偶然じゃなかったんだなとしみじみ思います

ぜひまた彼の手相をみてみたいです

今でも現役でトップスターのジョンですから、さぞかし素晴らしい手相に違いありませんね


手相講座・手相鑑定のお知らせ
 PC / 携帯

« <手相マンガ>「セレブ婚できる!…かもしれない相」(携帯版)③ | トップページ | <手相>悲劇のヒロインになりたがる感情線 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/48332846

この記事へのトラックバック一覧です: 運命の出会い、ジョン・ボン・ジョヴィの手相:

« <手相マンガ>「セレブ婚できる!…かもしれない相」(携帯版)③ | トップページ | <手相>悲劇のヒロインになりたがる感情線 »

綾部匠子の手相本

手相&タロット鑑定

実用タロット一日講座

手相電子コミック

BookWay(販売サイト)