« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月27日 (日)

「2月22日」の不思議な体験

わたしの携帯電話は表に日時が表示されるように設定してあります

最近ではわたしは時計をせず、時間は常に携帯でチェックするようになりました


今月21日の夜に外出

深夜帰宅時にコートのポケットから携帯を取り出した際いつものクセでなにげなく時間を見たら、なんと「2月22日2時22分」でした

一瞬キツネにつままれたような不思議な感覚で、思わず固まってしまいました

翌日は22日、手相教室が3時に予約があったので外出すべくコートを着て携帯を取り上げた瞬間、またしても「2月22日2時22分」と表示

1回目は午前、2回目は午後の表示でした

私はその時「これだったのか!」と納得したのでした


なぜなら、わたしはずっと「222」という数字が何かの意味を持って知らされる時を待っていたからです

母が平成18年8月8日に亡くなり、それ以後わたしは日に何回もゾロ目の数字を目にする経験をし続けてきました

そして母の遺品を整理していて母子手帳を見つけた時、出生の時間が2時22分と知って、きっとこの数字が将来何か意味のあるものなんだと直感したのです

だから今回2度もこの数字を見た時に、間違いなくこれが母の教えたかったことなんだと思ったのです

2月22日は手相教室の第1回目のクラスがあった日です

そもそも今月のはじめ、突然手相教室を横須賀でやることを思いついた日の前後に2度も母の夢を見ました

この5年間に1、2回夢を見ただけの母なのに、です

まだ1週間もたっていないのに、既に4クラスに増えました

たぶん、手相教室は一生の仕事になると思います

2011年2月13日 (日)

横須賀で手相教室をはじめます

NHKオープンスクールでやっている手相講座を横須賀でもはじめます

少人数制でそのクラスの進み具合をみながらやっていけるので、わたしも楽しみながら教えられそうです

毎回次の授業の日時を選ぶ予約制で(全6回)、遠方の方は1日で2授業こなすことも可能です

興味のある方はコチラをご覧下さい
  ↓
綾部匠子の手相教室

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

綾部匠子の手相本

手相&タロット鑑定

実用タロット一日講座

手相電子コミック

BookWay(販売サイト)