« 2011年秋のイベントはすべて終了しました | トップページ | 手相でわかるピンチはチャンスという考え方 »

2011年10月16日 (日)

マスカケ相は何故強運なのか?

手相の線と線が合流して1本の線になると強運相になります


生命線の下半分が手首から出る運命線といっしょになっていると強運相です

生命線のあらわす生命力は体質的な病気やケガに対する抵抗力ですが、運命線のあらわす生命力は事故などにあっても奇跡的に助かるという運命的な生命力です

感情線の先端が運命線の先端といっしょになって人差し指の方に」曲がっているとビジネスでの成功をあらわす強運相です


このように手相の線と線がいっしょになると1+1は2ではなく3にも4にもなるのです

その最たるものが感情線と知能線がいっしょになって1本の線になっているマスカケ相です

以前はわたしはマスカケ相が成功するのは、周囲を気にせずに才能を発揮出来るその性格故かと考えていましたが、(それもあるでしょうけど)やはり強運相だからなのです

ただし、マスカケ相の人が必ず成功する訳ではありません

マスカケ相は基本的にみな強運ですが、さらに実力(才能)のある人が成功するのです

能力がないのに周囲を気にせず突っ走ればむしろまわりからバッシングを受けて出世できません

まさに百かゼロかの極端な運勢の持ち主なのです

« 2011年秋のイベントはすべて終了しました | トップページ | 手相でわかるピンチはチャンスという考え方 »

手相エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/53006199

この記事へのトラックバック一覧です: マスカケ相は何故強運なのか?:

« 2011年秋のイベントはすべて終了しました | トップページ | 手相でわかるピンチはチャンスという考え方 »

綾部匠子の手相本

手相&タロット鑑定

実用タロット一日講座

手相電子コミック

BookWay(販売サイト)