« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月26日 (木)

近況報告

通信手相教室へのお問い合わせメールやコメントありがとうございます

現在2月4日募集開始予定に向けて、手相教科書を作成中です

おおまかなテキストはすでにありますが、この10年間の研究結果を書き足しているとどんどんあれもこれも追加していっています

とにかく今後の10年20年はこの教科書でやっていけるよう完璧なものを目指してやっているので、もうしばらくお待ち下さいね

横須賀での手相教室のカリキュラムも、遠方の方向けについては多少変更する予定です

せっかく教科書ができるのですから、横須賀までいらした時には手相鑑定や手相概念についての講義をしないともったいないですものね

2012年1月 7日 (土)

yukiのブログ

手相教室の生徒さんのブログをご紹介します

yukiのブログ
http://ameblo.jp/2012mirai/entry-11128004084.html

遊び心

手相教室の生徒さんのブログをご紹介します

遊び心
http://jyarinko.thick.jp/pplog2/index.php

2012年1月 3日 (火)

手相をみる事は自己を知る事

手相を知る事は自己を知る事です
そして他人の手相との違いを知る事で自分がこの世でただひとつの個性である事を知るのです  

手相をみれば自分の持っている資質(体質、性質、才能)とそれによって予測される将来の運勢がわかります
将来の運勢がわかれば人生の設計図が描けます

手相はどんどん変わります
たとえ今が辛くても手相が変化して行く事に気づけば、いつまでもこのままではないと励まされます
そして手相は変えられます
人生は原因と結果の繰り返しです
「結果」である「手相のあらわす将来の運勢」が気に入らないのなら、「原因」である「今の生き方」を変えればいいのです

はじめて会った人とでも手相をみれればすぐに打ち解ける事ができます
人に忠告する場合でも、こちらの感情のままに言うよりも「あなたの感情線は長所はこうだけど短所はこうですって、そうなの?」と言えば相手は素直に受け入れるものです
なぜなら手相はかなりの確率で当たっていますから(手相は統計学です)

手相は自己啓発ツールであり非常に使えるコミュニケーションツールにもなるのです

手相がなぜ統計学として成り立つほどに当たるのかはわかりません
ですがたとえその仕組みがわからなくても、手相で自分の資質や将来の運勢まで客観的に把握することができるのです
しかも、意識している領域も無意識の領域までも!
これほど使えるツールを使わない手はありません


現代手相学の第一人者キロの著書「手の言葉」の最後にもこうあります
「我々が全宇宙のあらゆる部分を知らないとすれば、我々人間の知らないなかに、宇宙全体の神秘があるかもしれません。
我々人間が、生命を構成するあらゆる力を知らないとすれば、その知らない力は、手の線をマークする力であるかも知れないのです。」(大和田斉眼訳)

手の語る言葉にぜひ耳を傾けてみてください


(手相教科書 あとがき より)

2012年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます

元旦で混み合っているのか、なぜかパソコンからカキコミ出来ないので携帯からメールしています

教室は5日からでそれまでわたしは家で手相教科書作りに励みます

予定では通信手相教室は2月に始めます
すでに何人かの方から希望されているとのメールも頂いて、やる気満々です
o(≧∀≦)o

印刷に回せた時点で募集のお知らせをブログに載せますので、もうしばらくお待ちくださいね
教科書の対象者は
①通信手相教室で本格的に手相の勉強をしたいかた
②お店の集客に手相を活用したいかた
③自分で手相教室を開きたいかた(教材のテキストも作成しています)

詳しい事は教科書ができた時点で書きますね

ちなみに値段は今のところ、教科書が6000円、教材テキストが1000円を予定しています


横須賀の手相教室の交流会は1月9日月曜日(祝日)です。

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

綾部匠子の手相本

手相&タロット鑑定

実用タロット一日講座

手相電子コミック

BookWay(販売サイト)