« 基礎手相講座17:生命線のサイン | トップページ | 基礎手相講座19:感情線でわかること »

2016年11月10日 (木)

基礎手相講座18:生命線のまわりの線

・火星線がある
火星線とは、生命線から1センチ程度離れて平行にある線です
意味は シンの丈夫な身体である、病気やケガをしても回復が早い

901

・生命線が悪くても火星線が補う
たとえ生命線が切れ切れだったり薄かったりしても、この火星線が濃くくっきりあれば生命線を補ってくれるので、強い健康運だといえます

902

・影響線がある
影響線とは、生命線のすぐ内側、5ミリ以内のかすかな線のことです
意味は親兄弟、異性、子供からの愛情をあらわす

903

・影響線が生命線に沿って長く伸びている
愛情が長続きする
ただし、これは相手はひとりとは限りません

904

・開運線がある
生命線から立って人差し指・中指・薬指・小指に向かっている線は
すべて自分自身の努力によって開運する、という意味になります

905


・短い上向きの線が何本も生命線から立っている
精力旺盛で活動的である
この相の人は、活発でチャレンジ精神が旺盛で活動的な人が多いです

906

・生命線から人差し指に向かう向上線が立っている
目的達成のために努力している、野心家である

907

この向上線が生命線から出ていない場合は、他力本願の向上心ということで「引き立て線」とよばれています

908

・生命線から中指に向かう運命線が立っている
この運命線は自分で努力してそれが実って開運する、という運命線のなかでも特に良い成功する確率の高い運命線と言えます

909

・生命線から薬指に向かう太陽線が立っている
太陽線というのは名誉や富を得るというような成功運をあらわす線で、それが生命線から立っているという事で、自分自身の努力によって生命線のその流年にその運を得るという意味になります


910

・生命線から小指に向かう財運線が立っている
財運線は財を得る運をあらわす線で、それが生命線から立っているということで、 自分自身の努力で成功して生命線のその流年に財を得るという意味になります

911

生命線から立つ運命線、太陽線、財運線は、他人からの援助があってもそれに頼らず、自らの努力によって運を開くという意味です

912

これらの線が生命線のなかばより上側に立っていれば、その生命線の流年に開運するという意味になりますが、下側なら流年はあてはまらず人生においてそいう運があるという見方をします

913

これらの線が生命線の内側から出ていると身内の援助で開運するという意味になります
この場合配偶者も含みます

914

・金星丘から生命線を横切る線がある
失意や失敗、離別などの悲しみをあらわす
線が生命線を切る流年に生活に支障をきたすほどのダメージがあるという意味です

915

・金星丘に細かい放射状の線がたくさんある
気苦労が多いという意味ですが、必ずしも苦労が多いとは限りません
手相は主観がでますので、同じ苦労でも他の人より深刻にとらえる性格である、ということです

916

・金星丘全体に縦横の細かい線がある
相手の気持ちに敏感である、その場の空気が読める

917

横線だけしかない人は、自分を過小評価する傾向がありますので、小さな事でもクヨクヨ悩んで先にすすめませんし、

918

縦線だけしかない人は、自分を過大評価する傾向がありますので、人の言う事を聞かない自信家になってしまいがちです

919

« 基礎手相講座17:生命線のサイン | トップページ | 基礎手相講座19:感情線でわかること »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64470507

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎手相講座18:生命線のまわりの線:

« 基礎手相講座17:生命線のサイン | トップページ | 基礎手相講座19:感情線でわかること »