« 基礎手相講座24:運命線でわかること | トップページ | 基礎手相講座26:結婚線でわかること »

2016年11月17日 (木)

基礎手相講座25:運命線のサイン

・金星丘から出る障害線で止まっている
生活に深刻な打撃を受ける
上の方に新しく運命線が出てくれば、状況が変わって再起一転してまた充実した運勢になります

201

・金星丘から結婚線に繋がる線で止まる
離婚で大打撃を受ける
これは結婚線から金星丘に線が伸びていても同じ事です

202

・知能線で止まる
軽率で失敗する、または35才が転機になる
知能線の上側に次の運命線があれば運勢が変わるけど、それが良くなるか悪くなるかは線の濃さ太さによります
運命線がそこで止まっていて、上に続く線が無い場合には失敗の後の生活が衰退するという意味になります

203

・感情線で止まる
情にもろく他人に振り回され苦労する、または50才ごろで、運勢が大きく変わる
感情線の上側に次の運命線があれば運勢が変わるけど、それが良くなるか悪くなるかは線の濃さ太さによります

205

・手の中央で立ち消える
消えた流年あたりから運勢が衰退する
上側に次の運命線が出ていれば、いったん衰退しても再び充実した生活になるということです。
若い人の場合はこういう形の運命線が多いですが、いずれ人生の目標ができれば運命線は出てきます

207

・切れ目がある
切れ目のある流年に運勢が悪くなる
切れ目は大きい程ひどいダメージを受けるという意味になります
上側の運命線が下側よりも濃く太ければ再起一転して充実した生活になりますが、薄く細くなっていればなかなか立ち直れないということです

208

・ズレがある
左手は精神面の変化、右手は生活環境の変化、変化はズレのある流年に起る

209

左手の場合は、たとえば家族と別れて考え方が変わったとか、誰かすごく影響力のある人物と出会ったとか、精神面の変化です

210

右手の場合は、結婚して海外に住むことになったとか、180度違う内容の仕事に転職したとか、実際の生活環境の変化です

211

・感情線との交差点に島がある
情事で散財して生活に打撃
原因が恋愛がらみの金銭的な損失をあらわします

212

・知能線との交差点に島がある
思惑がはずれて散財して生活に打撃
原因が儲かると思ってやった事が反対に損してしまったとか、投資のつもりが価値の無い物を買ってしまったとか、思惑がはずれて失敗するということです

213

・島がある
島のある流年は金運が悪い、運勢が停滞する
ただし、左手の場合は金運ではなく精神面でのスランプをあらわします

214

・斑点がある
トラブル、失敗の警告、斑点が消えれば危機もなくなる
斑点は今現在または近い将来の警告サインで、危険があると出てきて可能性がなくなると消えます

215

・十字や星がある
金銭がらみの失敗や災難
十字や星は線上にある場合と線に接してある場合があります。
今現在または近い将来の警告サインで、危険があると出てきて可能性がなくなると消えます

216

« 基礎手相講座24:運命線でわかること | トップページ | 基礎手相講座26:結婚線でわかること »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64505858

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎手相講座25:運命線のサイン:

« 基礎手相講座24:運命線でわかること | トップページ | 基礎手相講座26:結婚線でわかること »