« 基礎手相講座21:知能線でわかること | トップページ | 基礎手相講座23:マスカケ相(感情線と知能線が1本の線になっている相) »

2016年11月16日 (水)

基礎手相講座22:知能線のサインと傾き

・島がある
傷付きやすく繊細な神経、神経系の病気にかかりやすい
ノイローゼ、うつ、片頭痛、自律神経失調症など、すべての脳神経系の病気の可能性があります

1301

・十字や星がある
脳神経の損傷、頭部のケガ、脳障害の可能性がある
十字が星だとより深刻になります

1302

・十字や星で止まる
深刻な脳障害の可能性がある

1303

・切れ目がある
頭部のケガの可能性がある
知能線は集中力をあらわし、その集中力が切れやすいということでケガしやすいと考えられます

1304

・切れて重なっている
頭部の病気・ケガの可能性があるが、回避されるかまたはなったとしても回復は早い

1305

・両側に短い線がたくさんある
脳神経の機能が疲労している
これは今現在そういう状態であるという意味で、症状が改善すると線は消えます

1306

・斑点がある
黒い斑点は脳神経の病気やノイローゼの可能性をあらわす
赤い斑点はケンカまたは軽いケガをあらわす

1307

・先端が房状
神経がかなりイラ立っている、脳神経の機能が疲労している
これも今現在そういう状態であるという意味で、症状が改善すると線は消えます

1308


知能線の傾きをみれば考え方や行動の傾向がわかります

・横に一直線である
合理的、利己主義、クール
先端が第二火星丘に伸びていて、第二火星丘の持つ自制心や忍耐力があるのでビジネスで優れた能力を発揮できるということです
第二火星丘は反抗心もあらわしているので、まわりを敵ととらえる傾向があります

1309

・先端が水星丘に伸びている
非常な商才、打算的
水星丘は財運の場所ですので、そこに知能線が伸びているということで抜群の金銭感覚を持ち金儲けが上手です
ただ、金に執着しすぎて利己的打算的な傾向があります

1310

・なだらかに下降している
ロマンチスト、誰に対してもやさしい
お金よりも義理人情を大事にします

1311

・弧を描いて月丘に伸びている
理想主義、想像力ある、芸術家タイプ
月丘に向かっていますので、月丘の持つ想像や空想、芸術に関心があるということです
理想を追求しどんな事も簡単に妥協しません
下向きになればなるほどその傾向が強くなり、妄想に走り悲観的になります

1312

・生命線に沿って下降し手首まで伸びている
妄想家、空想家、合理的な考えができない
こうなるとかなり極端な傾向になり、妄想家空想家になってしまいます
合理的な考えがいっさいできないタイプになります

1313

« 基礎手相講座21:知能線でわかること | トップページ | 基礎手相講座23:マスカケ相(感情線と知能線が1本の線になっている相) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64501332

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎手相講座22:知能線のサインと傾き:

« 基礎手相講座21:知能線でわかること | トップページ | 基礎手相講座23:マスカケ相(感情線と知能線が1本の線になっている相) »