« 基礎手相講座31:丘にあるサイン | トップページ | 基礎手相講座33:健康運を鑑定する(2) »

2016年11月30日 (水)

基礎手相講座32:健康運を鑑定する(1)

自分の持つ健康運を知り、弱い部分を重点的に改善する努力をする、そのために健康運をみます

901

・生命線の形はどうか?
健康運をみる時に一番重要な線は生命線です

902

まず、生命線の濃さ太さをみます
生命線の濃さ太さは病気やケガに対する抵抗力の強さ、体質的な生命力をあらわしています

生命線の濃い人は遺伝的な生命力が強く健康で、災害などの危機的な状況にあったとしても最後まで生き残る確率が高い人です

904

反対に薄く細い人は体質的な生命力が強くないので、人一倍健康管理に気を付けなければいけません

905

次に生命線のカーブの大きさをみます
標準のカーブは中指の真ん中から手首に真直ぐに下ろした線まで張り出しているものです

906

標準より大きいカーブで線の濃く太い人は、活力・気力があり身体も丈夫です
これで線がくっきりと切れ目もなければ、最も良い健康運の持ち主と言えます

907

標準より大きいカーブで線が薄く細い人は、活力・気力はあるが実際の体力は伴いません
こういう人は気力だけで突っ走って無理をして、健康を損なう可能性が強いので要注意です

908

標準より小さいカーブで線の濃く太い人は、活力・気力はあまりなく気弱な感じだが実際の体力はあります

909

標準より小さいカーブで線の薄く細い人は、活力・気力も実際の体力もあまり無いので良い健康運とはいえません
しかし健康管理に気を付け、体質改善につとめれば生命線も良いものに変わっていきます

910

次に生命線の長さをみます
生命線の長さも体質的な生命力の強さ、病気やケガに対する抵抗力の強さをあらわしています

911

生命線の末端の部分は消化器系をあらわし、長い人は胃腸が丈夫で免疫力も高く、結果長生きの可能性も高くなります
短い人も、胃腸を改善する事で生命線が伸び、より免疫力の強い身体に変えていく事が可能です
ですが、実際の寿命は病気だけでなく事故や災害によるケガも関係してきますので、一概に長い生命線イコール長寿とは言えません

912

また、生命線が短くて体質的な生命力が弱くても、運命線がカバーしている場合には生命力は強くなります

913

生命線が2本ある場合は、より強い生命力を持ちます
生命線の内側に火星線があれば、生命線が悪くてもカバーしてくれます

914

次に生命線の線の形をみます。
良い健康運の生命線の線の形は、1本くっきりしたものです

915

鎖状なら病気やケガに対する抵抗力が弱虚弱体質です

916

切れ切れなら 病気にかかりやすいという意味です
生殖器が弱いという意味もあります

917

次に生命線の起点と末端をみます
生命線のはじまりの部分が鎖状だと呼吸器系が弱いです
生命線の末端が切れ切れで乱れている場合は、消化器系が弱いです

918

次に生命線にサインがあるかをみます

919

生命線に切れ目があると病気やケガの可能性があります
切れた線の側にサポートする線があったり、切れた2本の線が重なっていたり、その2本の線を繋ぐ線があったりすれば回復は早いです

920

生命線の島は慢性疾患をあらわします

921

生命線にある斑点、十字、星は病気やケガの可能性をあらわします

922

次に 生命線から下向きの線が出ているかをみます
生命線から金星丘側に下向きの支線が出ている場合は、身体諸器官の衰弱、または慢性の疲労や過労をあらわします
生命線から月丘側に下向きの支線が出ている場合には、酒・薬・ストレスなどの外的要因による疾患をあらわします

923


« 基礎手相講座31:丘にあるサイン | トップページ | 基礎手相講座33:健康運を鑑定する(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64564003

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎手相講座32:健康運を鑑定する(1):

« 基礎手相講座31:丘にあるサイン | トップページ | 基礎手相講座33:健康運を鑑定する(2) »