« 基礎手相講座10:手相の丘 | トップページ | 基礎手相講座12:手相の流年 »

2016年11月 3日 (木)

基礎手相講座11:手相の基本線

親指の付け根の膨らみを囲んでいる線は生命線といいます

201

線の形や切れ目などのサインで病気やケガ、健康についてみます

202

また生命線から立っている線で開運の時期などもみます

203

小指の下のほうの手の側面から人さし指側に向かって伸びている線は感情線といいます

204

線の形や先端の向かう方向で感情面の傾向がわかります

205

生命線の始まるあたりから小指側に向かって伸びている線は知能線といいます

206

線の形や先端の向かう方向で才能・適正・行動の傾向がわかります

207

知能線は頭脳線ともいいます


また、感情線と知能線がいっしょになって1本になっている人もいます
ちょうどひらがなの『て』のような形で、マスカケ相といいます

209_2

マスカケ相の人は100人に2、3人いると言われ、親や兄弟などに何人もいるという場合が多いです

手のひらのどこから始まっていても先端が中指に向かっている線は運命線といいます

211

左手の運命線は精神面の変化をあらわします

212

右手の運命線は実際の生活環境や運勢の変化をあらわします

213

運命線はある人と無い人がいて、多くの人は大人になって社会に出てから出て来る場合が多いです
運命線があるから運がいいという意味ではありません

« 基礎手相講座10:手相の丘 | トップページ | 基礎手相講座12:手相の流年 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64439596

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎手相講座11:手相の基本線:

« 基礎手相講座10:手相の丘 | トップページ | 基礎手相講座12:手相の流年 »