« 基礎手相講座12:手相の流年 | トップページ | 基礎手相講座14:手相を鑑定する時の注意点 »

2016年11月10日 (木)

基礎手相講座13:手相のサイン

手相は線だけではなく、いろいろなサインがあります

401_2

・切れ目
線の途中でぷっつり切れているもので、切れ目が大きい程重大な変化をあらわします

402

・房状
線の先端が房状になっているもので、線の意味を弱めます

403

・十字
2本の短い線が直角に交差したもので、災難の警告サインです

404

生命線などの線の上かまたは線のすぐ側にあったり、独立して丘に出たりします
1本の線は長くても1センチ以内で、交差した真ん中はペコンと針でつついたようなへこみがあるのが特徴です

405

危険が去るとへこみがなくなり線も薄くなって消えていきます

406

・星
3本の短い線が一点で交差したもので、十字より深刻な災難をあらわす警告サインですが、出る丘によっては大幸運をあらわす例外も多くあります

407

生命線などの線の上かまたは線のすぐ側にあったり、独立して丘に出たりします
1本の線は長くても1センチ以内で、交差した真ん中はペコンと針でつついたようなへこみがあるのが特徴です

408

危険が去るとへこみがなくなり線も薄くなって消えていきます

409

・島
1本の線が2つに分かれまた1本になっている形をいい、線の意味を弱めます


410

・斑点
一時的な障害をあらわし、危機の可能性があると出て危機が去ると消えます

411

生命線などの線の上かまたは線のすぐ側にあったり、独立して丘に出たりします

412

これらのサインが生命線、運命線にある場合には、流年で起きる年令をみます

413

これらのサインが丘に独立してある場合には、流年に関係なく現在または近い将来をあらわしています

414

« 基礎手相講座12:手相の流年 | トップページ | 基礎手相講座14:手相を鑑定する時の注意点 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64470118

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎手相講座13:手相のサイン:

« 基礎手相講座12:手相の流年 | トップページ | 基礎手相講座14:手相を鑑定する時の注意点 »