« 自分でできる手相鑑定マニュアル:感情線と知能線をみる | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:感情線をみる(2) »

2016年12月 7日 (水)

自分でできる手相鑑定マニュアル:感情線をみる(1)

057

何本かの線が寄り合わさっている
ほとんどの人は、このような感情線になっています。
1本1本の線が濃く線もごちゃごちゃとからみ合っているほど、感情も濃く表現も豊かな人です。
相手の気持ちにも敏感で、ムードに弱いので好意を示されるとたとえ好きで無い相手でも恋愛に発展します。
惚れやすく冷めやすく浮気性になりやすいうえ気分屋なので相手を振り回しますが、相手の心も読めますから、自分自身も振り回されるタイプです。
恋愛大好き人間で常に誰かに恋していますが、相手に執着するかどうかは線の長さで違ってきます。

1本くっきりとしている
乱れがまったくない針金のような1本のくっきりした感情線の人は、思った事をそのままストレートに口にする傾向があります。
相手の気持ちにも少々鈍感な所があり、男性ならばむしろ男らしいと思われるかもしれませんが、女性だと相手がおおらかなサッパリとしたタイプでないとうまくいかないでしょう。
細かい事にこだわらず意志も強いのですが、反面頑固な傾向になります。
相手の好意に気付かないのですから、自分から好きになった相手としか恋愛には発展しないでしょう。

切れ切れである
感情線が切れているのは愛情が破たんするという意味なのですが、 全体的に切れ切れなので愛情が長続きしない相と言えます。
本人は自覚はないですが、まわりからは次から次と相手を変える遊び人にみえるかもしれません。

1本くっきりとした線が波形である
乱れがまったくない針金のような1本のくっきりした感情線が波形になっている人は、相手の気持ちに鈍感なところがあり、意志も強く頑固な傾向があります。
しかも、他人とは違う感情のあらわしかたをするので、まわりからはかなり変わった自己中心的なタイプにみられがちです。

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:感情線と知能線をみる | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:感情線をみる(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64594240

この記事へのトラックバック一覧です: 自分でできる手相鑑定マニュアル:感情線をみる(1):

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:感情線と知能線をみる | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:感情線をみる(2) »