« 自分でできる手相鑑定マニュアル:運命線をみる(6) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:運命線をみる(8) »

2016年12月 7日 (水)

自分でできる手相鑑定マニュアル:運命線をみる(7)

073

運命線がどこで終わっているかをみていきます。
この場合、どこからはじまっているかは関係ありません。

中指の付け根
運命線が中指の付け根について終わっているのは、一生仕事をするかまたは仕事をしていなくても忙しく充実した老後を送るという意味です。

中指の付け根を突き抜ける
運命線が中指の付け根を突き抜けて終わっているのは、 浮き沈みの激しい人生を送りいったんは成功するけれどその後に失墜してしまうという意味になります。
自分の力だけで成功したのでは無くまわりの人達に感謝の気持ちを常に持ち続けていれば、失墜することは避けられるでしょう。

人さし指にと中指の間
運命線が人さし指と中指の間に向かっているのは、行動力があって地位や名誉を得るために努力する野心家であるという意味です。

中指と薬指の間
運命線が中指と薬指の間に向かっているのは、明るく社交的で人気者、才能も認められて成功するが浪費家であるという意味です。

感情線で止まる
運命線が感情線で止まっているのは、情にもろく他人に振り回され苦労しやすい、または50才が転機になって生活が変わるという意味です。
お金をだまし取られたりしないように注意が必要です。

知能線で止まる
運命線が知能線で止まっているのは、 軽率で失敗しやすい、または35才が転機になるという意味です。
日頃から慎重に行動するように心掛けてください。

074

横線で止まる
生命線の内側から出ている横線で運命線が止まっているのは、生活に打撃を受けるような出来事があって運勢が停滞する可能性があるという意味です。

結婚線から出る線で止まる
結婚線から出る下向きの線で運命線が止まっているのは、離婚で生活に打撃を受ける可能性があるという意味です。

薄く短い線が何本も生命線から立っている
薄く短い運命線が何本も生命線から立っているのは、 境遇が変わりやすい、落ち着きがないという意味です。
ひとつのことに目標をしぼってそれに向き合って努力すれば、そのうちの1本が濃く太く長くなっていきます。

中指の下に薄く短い線が何本もある
中指の下に薄く短い運命線が何本もあるのは、 一貫した目標がなくどんな仕事も今いちで、時期を待つべきという意味です。

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:運命線をみる(6) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:運命線をみる(8) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64594328

この記事へのトラックバック一覧です: 自分でできる手相鑑定マニュアル:運命線をみる(7):

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:運命線をみる(6) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:運命線をみる(8) »