« 基礎手相講座36:仕事・金運を鑑定する(1) | トップページ | 基礎手相講座:まとめ »

2016年12月 1日 (木)

基礎手相講座37:仕事・金運を鑑定する(2)

運命線がいくら立派でも地位・人気・名声・成功、他人からの援助をあらわす太陽線がなければ仕事での成功はありません

1401

太陽線が太陽丘にあれば現在の運勢は良いほうに向かっていて、将来幸福を感じられるようになるという意味です

1402

太陽線が生命線から立っている場合は、その年令に努力が実を結ぶという意味です

1403

太陽線が運命線から立っている場合は、その年令に結婚、独立、昇進などの幸運があるという意味です

1404

太陽線が知能線から立っている場合は、才能が世間に認められて成功するという意味です
または35歳くらいから成功するという意味です

1405

太陽線が月丘からのぼっている場合は、大衆の人気で成功するという意味です

1406

太陽線の先端が二また三またになっている場合は、地位・名声を得るという意味です

1407

月丘から合流する線がある場合は、協力者や後援者によって運勢が良くなるという意味です
結婚相手によって運が良くなるという意味もあります

1408

太陽線に悪いサインがある時は名誉や信用を失うような災難があるという意味です
悪いサインは警告ですので、慎重な行動を心掛けることで避けられます

1409

財運線は現在または近い将来をあらわし、今出ていてもずっとあるとは限らず反対に今は無くてもずっと無いままではありません

1410

財運線が1本くっきりした線なら、現在の財運が良いという意味です

1411

財運線が薄くて何本もある場合は、お金は入ってくるがどんどん出て行ってしまう、という意味です

1412

財運線が生命線や手首近くから立っている場合は、非常に強い財運をあらわします

1413

財運線が金星丘から立っていれば、遺産相続の相になります

1414

知能線の形でどのような職業に向いているかがわかります

1415

知能線が直線に近い人は、経理・会計・金融に関する仕事、IT関係、弁護士、裁判官、警察、医師、建築士、開発・プログラミング系などの仕事が向いています

1416

知能線が曲線の人は小説家や画家・俳優などクリエイティブな仕事、介護師や看護師などの人を世話する仕事、雑誌編集、教師、人事・企画・開発の仕事、フラワーアレンジメントなどの趣味を活かした仕事などに向いています

1417

« 基礎手相講座36:仕事・金運を鑑定する(1) | トップページ | 基礎手相講座:まとめ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64568373

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎手相講座37:仕事・金運を鑑定する(2):

« 基礎手相講座36:仕事・金運を鑑定する(1) | トップページ | 基礎手相講座:まとめ »