« 自分でできる手相鑑定マニュアル:知能線をみる(2) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:マスカケ線をみる(1) »

2016年12月 7日 (水)

自分でできる手相鑑定マニュアル:知能線をみる(3)

030

黒い斑点は脳神経の病気やノイローゼの可能性をあらわします。
赤い斑点はケンカまたは軽いケガをあらわします。
斑点の場合は、色が黒に近くなるほど、より深刻な内容になっていきます。
これも今現在の警告サインですので、危険が無くなると消えて行きます。

031

末端に房状に薄く細かい線がある
神経がかなりイラ立っている、脳神経の機能が疲労しているという意味です。
これも今現在そういう状態であるという意味で、症状が改善すると線は消えます。

両側に薄く細かい線がある
これも脳神経の機能が疲労しているという意味です。
片側だけに薄く細かい線がある場合も同じような意味です。
今現在そういう状態であるという意味で、症状が改善すると線は消えます。

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:知能線をみる(2) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:マスカケ線をみる(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64594083

この記事へのトラックバック一覧です: 自分でできる手相鑑定マニュアル:知能線をみる(3):

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:知能線をみる(2) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:マスカケ線をみる(1) »