« 自分でできる手相鑑定マニュアル:太陽線をみる(2) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:財運線をみる(2) »

2016年12月 7日 (水)

自分でできる手相鑑定マニュアル:財運線をみる(1)

086

今現在または近い将来金運が良くなるかどうかは財運線でみます。
財運線は小指の下にある短いたての線です。

ほとんどの人は小指の付け根と感情線の間に短いたての線で出ます。
手のひらの真ん中あたりや、生命線や手首近くから始まっている人もいます。
線が切れ切れの人もいます。
長い財運線のほうがより強力な財運をあらわしますが、感情線の上の小指の下まで伸びていなければ運が実現することはありません。

財運線は現在または近い将来をあらわし、今出ていてもずっとあるとは限らず反対に今は無くてもずっと無いままではありません。

087

1本もない
現在の金運はあまり良い状態ではないという意味です。
しかし状況が変わって金運も良くなれば、線は出て来ますので心配することはありません。
また、まわりからお金持ちとみられていても本人が現状に満足していないか、あるいは全くお金に頓着していない場合も財運線はありません。

1本ある
くっきりとした財運線が1本あれば、現在または近い将来金運が良くなるという意味です。

2本ある
くっきりとした財運線が2本あれば、より金運は良い状態であるという意味です。
くっきりとした線であれば、何本もあるほうがより強力な財運をあらわします。

薄くて細い線が何本もある
薄くて細い財運線が何本もある場合は、お金は入ってはくるがどんどん出ていって貯まらないという意味になります。

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:太陽線をみる(2) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:財運線をみる(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64594390

この記事へのトラックバック一覧です: 自分でできる手相鑑定マニュアル:財運線をみる(1):

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:太陽線をみる(2) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:財運線をみる(2) »