« 自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな知能線 | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:健康運をみる »

2016年12月 3日 (土)

自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろなマスカケ相

006

感情線と知能線がいっしょになって1本の線になっている人がいます。
ちょうど、手のひらにひらがなの「て」の形があるように見える相です。

マスカケ相は親や兄弟・親戚などまわりにマスカケの人がいるので、自分の手相が特別変わっているとは知らない人が多いのですが、実際には100人に2、3人と言われています。
反対に基本の線が3本ある人は、マスカケ相を全く見たことがないという場合が結構多いです。

一般的なマスカケ相
生命線と同じぐらいの濃さ太さの線が手のひらを真直ぐに横切り、親指側は生命線のはじまりにくっついています。
他にもいろいろな知能線がありますのでいくつか紹介しておきます。

感情線と知能線の間に1本線がある
感情線と知能線の間に濃く太い線があって繋がって、1本の線に見える人がいます。
この形はマスカケ相と判断します。
間にある線が薄く細い場合には、マスカケ相ではありません。
片手だけこの相という人が多いのですが、鑑定をする場合には右手がこの形の場合にマスカケ相として判断して下さい。

マスカケ線が鎖状である
マスカケ線が1本の太い線ではなく細い線が何本かより合わさっている人がいます。
全体的に鎖状の場合と一部分が鎖状の場合があります。

マスカケ線が切れ切れである
マスカケ線が切れ切れになっている人がいます。

マスカケ線が大きく2つに分かれている
マスカケ線の途中から分かれた線が手首のほうに向かって下降している人がいます。

マスカケ線が小さく2つに分かれている
マスカケ線の小指側の端のほうから分かれた線が下に向かって短く伸びている人がいます。

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな知能線 | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:健康運をみる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64576813

この記事へのトラックバック一覧です: 自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろなマスカケ相:

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな知能線 | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:健康運をみる »