« 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(3) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(5) »

2016年12月 7日 (水)

自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(4)

048

水平
結婚線が水平だと良い結婚運と言えます。
たとえ線が薄く細くても良い結婚運ということに変わりありませんが、線が濃く太く長ければ、より強い恋愛結婚運になります。
自分の思い通りの時期に望んだ相手と結婚し、自分から言い出さない限り離婚もしないですみます。

上向き
ゆるやかな上向きの線もまた良い結婚運と言えます。
結婚して幸せで豊かな生活を送れるという意味です。
この場合も、線が濃く太く長ければ、その運も強まります。

下向き
結婚線が下向きだと愛情が冷めて別れやすいという意味です。

たとえ下向きでも、結婚線は手相の中でも一番変わりやすい線ですので、努力しだいでいくらでも水平にすることができます。
すでに付き合っているか結婚している人は、別れの原因になりそうな問題を見つけて改善するように努力すればいいし、まだ相手に出会っていない人なら今の結婚観でいる限り結婚してもうまくいかないという意味ですから、今の考え方や行動を変える努力をすればいいのです。

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(3) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(5) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64594185

この記事へのトラックバック一覧です: 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(4):

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(3) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(5) »