« 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(5) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(7) »

2016年12月 7日 (水)

自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(6)

051

結婚線に平行して短い線が出ているのは、本命の相手と恋愛または結婚している時に、別の相手と浮気をする、という意味です。
この場合、実際に付き合うかどうかは本人の理性と現在の相手との関係がうまくいっているかどうかで違います。
この線はその浮気が本気でないと出ません。

上側に短い線がある
結婚後に知り合った人と浮気をするという意味です。

下側に短い線がある
結婚前から知っている相手と浮気をするという意味です。

この平行する線が短い場合は、たとえ付き合ってもただの浮気相手で終わるので現在の家庭をこわすような行動をするべきではありません。
ただ、線が濃く長い場合にはその相手とも恋愛結婚運が強いわけですから、軽い浮気程度ではおさまらないでしょう。

052

結婚線から下向きの線が出て生命線を切っている
この相がある人はかなりの確率で離婚しますが、逆に離婚していてもこの相が出ていない人は結構います。
そういう人は、離婚が本人にたいしたダメージを与えなかったという事です。

代表的な玉の輿相
薬指に向くたて線に結婚線が合流している
これは有名人や資産家と世間に注目されるような結婚をする、という相です。

今現在の結婚線が悪くても心配する事はありません。
結婚線は環境や心境の変化でどんどん変わって行くものです。
今の結婚に対する考えや行動を変える事によって、結婚運もよくなり結婚線も良いものに変わっていき
ます。
しかし何も変化を起こさず今のままでいけば、いずれ悪い相の通りになってしまう、という事です。

では、具体的にいつ頃結婚するのかをみていきます。

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(5) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(7) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64594198

この記事へのトラックバック一覧です: 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(6):

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(5) | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:結婚線をみる(7) »