« 基礎手相講座:まとめ | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:基本の3本線 »

2016年12月 3日 (土)

自分でできる手相鑑定マニュアル:はじめに

001_3


こちらは2005年に作成したもので、内容等に多少の修正があります

また、PCで読む事を想定していたので画像はスマホでは読みにくいかもしれませんがご了承ください

手相は変わります。
人によって程度の差はありますが、誰の手相も変化していきます。

基本の線なら半年ぐらいの単位で、細かい線やサインなどは毎日でも出たり消えたり、濃くなったり薄くなったりしていきます。
以前手相をみてもらって悪い事を言われた人も現在は良い方向に変化しているかも知れませんし、反対に良い相だった人も悪くなっているかもしれません。

どんどん変わるのですから、自分でまめにチェックして手相が良い方向に変わっているのか悪い方向に変わっているのか、知る事が大事です。

鑑定結果に一喜一憂しているだけでは、手相を鑑定する意味はありません。

手相の変化というのは自分でコントロールすることができます。
より良い運勢に変えたいと願って、その目標に向かって意識して生き方を変えていけば、運勢は変わり手相も変わります。

つまり自分の手相鑑定をすることによって、 自分の持つ運を知りより良い方向に運勢を変えていくための目安にできます。
また、自分の性格の傾向を客観的に把握することで、 良い面を最大限にアピールし悪い面を抑える努力がき、より良い人間関係を築くヒントになります。

みなさん、ぜひ定期的に自分の手相を鑑定して、自分の運勢をより良いものに変えていって下さい。

まずは、左右どちらの手を鑑定したらいいのかということについてお話しておきましょう。

専門家が鑑定する場合には 両方の手をみて総合的な鑑定をします。
左手の手相は、無意識の性格と持って生まれた才能が出て、それらが招くと予想される将来の運勢が出ています
右手の手相は、意識して変えていっている性格と努力して得た才能が出て、それらが招くと予想される将来の運勢が出ています。

左右の手相がほとんど同じであれば持って生まれた運命通りに生きているということです。
左手の手相が右手より良いという人は、持って生まれた良い運を生かす生き方をしていない、という事です。
右手の手相が左手より良いという人は、努力して持って生まれた運より良い運を得ている、という事です。

ですが、みなさんは現在の生き方やそれによって予測される将来の運勢が出ている右手を鑑定するようにして下さい。

それでは鑑定をはじめましょう。

« 基礎手相講座:まとめ | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:基本の3本線 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64576755

この記事へのトラックバック一覧です: 自分でできる手相鑑定マニュアル:はじめに:

« 基礎手相講座:まとめ | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:基本の3本線 »