« 基礎手相講座33:健康運を鑑定する(2) | トップページ | 基礎手相講座35:恋愛・結婚運を鑑定する(2) »

2016年12月 1日 (木)

基礎手相講座34:恋愛・結婚運を鑑定する(1)

自分の持っている恋愛・結婚運を知り、自分の恋愛に対する考え方や行動の傾向を客観的に把握し、より良い運を得るための参考にする、そのために恋愛・結婚運はみます

1101

恋愛結婚運をみる時に一番重要なのは結婚線です
結婚線には今現在の本人の結婚観が出ているからです

1102

結婚線は法的な結婚をする運ではなく、人生のパートナーを得る運です
たとえ同棲や不倫でも、結婚を考えるような本気の恋愛ならすべて結婚線として出ます


結婚線がない人もいます
結婚線のない人は結婚に関心がないか、または仕事や趣味のほうに興味がいっている人です
そういう人も結婚はしますが、相手の運で結婚しますので相手が別れを決めたら自分には引き止める運はありません

1104

濃く太くある人は強い恋愛・結婚運がありますので、自分の望む相手と時期に結婚ができますし相手が別れを考えても、それを引き止める強い運があります

1105

薄く細い人は、相手の結婚運に引きずられて自分が望まなくても時期が違っても結婚する可能性が高いです

1106

結婚線が1本または2本の人は、結婚を人生の一代イベントとして考えています
結婚に対して慎重ですし一度結婚したらなるべく長続きさせようと努力します

1107

結婚線が何本もある人は、誰と結婚してもたいして変わりないのではと考えています
結婚離婚をくり返すか、または一度も結婚しない可能性が高いです

1108

何本あっても、そのうちの1本が濃く太く長ければ、その線が本命の結婚線になります
ただ、結婚線が1本または2本の人に比べたら離婚しやすい事は変わりありません

1109

結婚線に平行して短い線が出ている人がいます
本命の相手と恋愛または結婚している時に、別の相手と浮気をする、という意味です
もし浮気が本気になって本命と別れることを考えても、その浮気相手とは結婚に至るまでの強い運はありませんのでやめておいたほうが無難です

1110

次に結婚線の位置をみます
手相には主観が出ますので、現在進行形で恋愛や結婚をしている人とすでに昔の経験になっている年輩の方で結婚線は出方が違います

1111

結婚線の適齢期と同じ流年に運命線にもズレがあれば、それが結婚をあらわす可能性があります

1112

結婚線の適齢期と同じ流年に月丘から運命線に流れ込む線があれば、それが結婚相手をあらわす可能性があります

1113_2

結婚適齢期と同じ流年に生命線から運命線や太陽線が立っていると、それが結婚をあらわす可能性があります

1114

今現在の結婚線が悪くても心配する事はありません
今の結婚に対する考えや行動を変える事によって、結婚運もよくなり結婚線も良いものに変わっていきます

« 基礎手相講座33:健康運を鑑定する(2) | トップページ | 基礎手相講座35:恋愛・結婚運を鑑定する(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64568239

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎手相講座34:恋愛・結婚運を鑑定する(1):

« 基礎手相講座33:健康運を鑑定する(2) | トップページ | 基礎手相講座35:恋愛・結婚運を鑑定する(2) »