« 自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな生命線 | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな知能線 »

2016年12月 3日 (土)

自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな感情線

004_2

一般的な感情線は、小指の付け根から手首の付け根までを4等分した上から4分の1ぐらいから始まって、親指側に向かってゆるやかに上向きにカーブして伸びていて、ほとんどが何本かの線がより合わさって伸びています。
他にもいろいろな感情線がありますのでいくつか紹介しておきます。

くっきり1本の線である
針金のようにくっきり1本の線の人がいます。

細かい鎖状になっている
きれいな鎖状でなくても、大小さまざまな大きさの鎖状になっていたり、何本もの線がより合わさって幅の太い線になっている人がいます。

切れ切れになっている
感情線はほとんどの人は1本に繋がっているのですが、何ケ所も切れている人がいます。

くっきりした線が波形
くっきりとした針金のような線が波形になっている人がいます。

上側にもう1本感情線がある
感情線の上にほとんど同じ程度の濃さ太さの線がもう1本ある人がいます。
2本の線は平行している場合が多いですが、なかには離れたり交差したり途中からくっついて1本になっていることもあります。

下側にもう1本感情線がある
もう1本の線が下側にある人もいます。
やはり、2本の線は平行している場合が多いですが、離れたり交差したり途中からくっついて1本になっていることもあります。

先端がいくつかに分かれている
先端が同じような濃さ太さの線で何本にも分かれていたり、薄く細い線が途中から出ている人もいます。

切れて重なっている
線が2本に切れ、重なっている人がいます。
重なり方は次の線が上側ということも下側ということもあります。

途中が薄くなっている
線の途中が薄くなっていたり消えている人がいます。

2本が1本になっている
始まりが2本で途中からくっついて1本になっている人がいます。

手の端まで伸びている
先端が手のひらの途中ではなく、親指側の端まで伸びている人がいます。

知能線とくっついている
先端が知能線のはじまりの部分にくっついている人がいます。

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな生命線 | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな知能線 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64576800

この記事へのトラックバック一覧です: 自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな感情線:

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな生命線 | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな知能線 »