« 基礎手相講座34:恋愛・結婚運を鑑定する(1) | トップページ | 基礎手相講座36:仕事・金運を鑑定する(1) »

2016年12月 1日 (木)

基礎手相講座35:恋愛・結婚運を鑑定する(2)

感情線と知能線をみれば、恋愛・結婚に対しての考え方や行動の傾向がわかります

1201

感情線が濃い人程、情熱家になり押しも強く、相手に自分の気持ちを押し付ける傾向があります
薄い人はあっさりしとして気弱なタイプになり、なかなか告白できません

1202

感情線の長い人程、嫉妬心や独占欲が強く、相手が逃げても簡単にはあきらめません
短い人は淡白で、逃げる相手を追う事はしません

1203

二重感情線の人は感情をあらわす線が2本ありますので感情がダブルで情熱家で、2本目の感情線が本線の上側にあればとくに恋愛に関して情熱的です

1204

感情線が切れていると、愛情が破たんしやすいという傾向をあらわしています
線が切れて2本の線が重なっている場合と、離れている場合とありますが、離れているほうが重なっているほうに比べ破たんする可能性が高いということになります

1205

感情線から上向きの支線が何本も出ている人は、陽気で社交的で、惚れやすく冷めやすいタイプです
下向きの支線が何本も出ていたり下向きの支線が知能線についている人は、失恋のショックから立ち直れない、純情なタイプです

1206

先端に上下に支線が出ている人は、愛情が濃厚で、恋多き人生を歩みます

1207

感情線から出る下向きのカーブした線が生命線を切っていると、その線を恋愛線といいます
その生命線を切る流年に生涯忘れられないような大恋愛をするという意味です

1208

知能線が曲がっている人は、 優しくてムードに弱くロマンチストです
相手が押しが強いと、つい流されてしまうタイプです

1209

直線の人は、現実的な考えで条件で恋愛相手を選ぶ傾向があります
自分の意志がはっきりしていて、相手に流されるとことはありません

1210

マスカケ相の人は、意志が強くマイペースなので相手を振り回す傾向があります
愛より仕事や趣味を選ぶので、相手にも仕事重視や同じ趣味の人を選んだ方が無難です

1211

女性は勝ち気な人が多いですが、相手を上手にたてて関係を長続きさせられる要領の良さも持っています

金星帯がある人は、相手に自分の気持ちを伝えるのがうまく特に異性に対するセックスアピールがあって、甘え上手で相手に可愛がられる、もてるタイプです

1213

« 基礎手相講座34:恋愛・結婚運を鑑定する(1) | トップページ | 基礎手相講座36:仕事・金運を鑑定する(1) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64568259

この記事へのトラックバック一覧です: 基礎手相講座35:恋愛・結婚運を鑑定する(2):

« 基礎手相講座34:恋愛・結婚運を鑑定する(1) | トップページ | 基礎手相講座36:仕事・金運を鑑定する(1) »