« 自分でできる手相鑑定マニュアル:マスカケ相の恋愛タイプ | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:運命線をみる(2) »

2016年12月 7日 (水)

自分でできる手相鑑定マニュアル:仕事・金運をみる・運命線をみる(1)

064

手相はこのままでいくとこうなる、という意味です。
ですので、手相に出ている将来の運勢を知りそれが良いものなら今の生き方を続けて行けばいいし、もし気に入らないものならより良い運勢になるように今の生き方を変えてしまえばいいのです。
そのために仕事・金運をみます。
また自分にどのような適性があるかを知ることで、適職を知ることもできます。

運命線をみる

運勢をみるには、まず運命線をみます。
運命線とは、中指に向かうたての線です。
手のひらのどこから始まっていても直線でも曲がって弓形になっていても、先端が中指に向かっていればすべて運命線です。
1本くっきりある人もいれば、薄く何本もある人もいます。
運命線があるから運が良いとか、無いから悪いというものではありません。

一般的な運命線は手首に近いところから中指の付け根に向かってあります。

手のひらのいろいろな場所から、何本もある人もいます。

切れ切れにある人もいます。

生命線のすぐ側にくっつくようにしてある人もいます。
なかには、生命線の下半分が運命線といっしょになっている人もいます。

生命線から立っている人もいます。

先端が二またや三またになっている人もいます。

途中の一部分が薄くなったり消えたりしている人もいます。

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:マスカケ相の恋愛タイプ | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:運命線をみる(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557692/64594284

この記事へのトラックバック一覧です: 自分でできる手相鑑定マニュアル:仕事・金運をみる・運命線をみる(1):

« 自分でできる手相鑑定マニュアル:マスカケ相の恋愛タイプ | トップページ | 自分でできる手相鑑定マニュアル:運命線をみる(2) »