自分でできる手相鑑定マニュアル

2016年12月 3日 (土)

自分でできる手相鑑定マニュアル:はじめに

001_3


こちらは2005年に作成したもので、内容等に多少の修正があります

また、PCで読む事を想定していたので画像はスマホでは読みにくいかもしれませんがご了承ください

手相は変わります。
人によって程度の差はありますが、誰の手相も変化していきます。

基本の線なら半年ぐらいの単位で、細かい線やサインなどは毎日でも出たり消えたり、濃くなったり薄くなったりしていきます。
以前手相をみてもらって悪い事を言われた人も現在は良い方向に変化しているかも知れませんし、反対に良い相だった人も悪くなっているかもしれません。

どんどん変わるのですから、自分でまめにチェックして手相が良い方向に変わっているのか悪い方向に変わっているのか、知る事が大事です。

鑑定結果に一喜一憂しているだけでは、手相を鑑定する意味はありません。

手相の変化というのは自分でコントロールすることができます。
より良い運勢に変えたいと願って、その目標に向かって意識して生き方を変えていけば、運勢は変わり手相も変わります。

つまり自分の手相鑑定をすることによって、 自分の持つ運を知りより良い方向に運勢を変えていくための目安にできます。
また、自分の性格の傾向を客観的に把握することで、 良い面を最大限にアピールし悪い面を抑える努力がき、より良い人間関係を築くヒントになります。

みなさん、ぜひ定期的に自分の手相を鑑定して、自分の運勢をより良いものに変えていって下さい。

まずは、左右どちらの手を鑑定したらいいのかということについてお話しておきましょう。

専門家が鑑定する場合には 両方の手をみて総合的な鑑定をします。
左手の手相は、無意識の性格と持って生まれた才能が出て、それらが招くと予想される将来の運勢が出ています
右手の手相は、意識して変えていっている性格と努力して得た才能が出て、それらが招くと予想される将来の運勢が出ています。

左右の手相がほとんど同じであれば持って生まれた運命通りに生きているということです。
左手の手相が右手より良いという人は、持って生まれた良い運を生かす生き方をしていない、という事です。
右手の手相が左手より良いという人は、努力して持って生まれた運より良い運を得ている、という事です。

ですが、みなさんは現在の生き方やそれによって予測される将来の運勢が出ている右手を鑑定するようにして下さい。

それでは鑑定をはじめましょう。

自分でできる手相鑑定マニュアル:基本の3本線

002_2

ほとんどの人は目立つ3本の線があると思います。

親指の付け根の膨らみを囲んでいる線、これは生命線といって病気やケガ、健康についてあらわしています。

小指の下のほうの手の側面から人さし指側に向かって伸びている線、これは感情線といって恋愛、友情、夫婦愛、同情などの愛情関係と情緒をあらわしています。

生命線の始まるあたりから小指側に向かって伸びている線、これは知能線といって才能・適正・行動の傾向をあらわしています。
知能線は頭脳線ともいいます。

これらは1本ずつある人が多いですが、中には1本の線が分かれていたり切れてズレていたり、独立してもう1本あったりする複雑な人もけっこういます。
  
また、感情線と知能線がいっしょになって1本になっている人もいます。
ちょうどひらがなの『て』のような形で、マスカケ相といいます。
マスカケ相の人は100人に2、3人いると言われ、親や兄弟などに何人もいるという場合が多いです。

自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな生命線

003

一般的な生命線は人さし指と親指の中間ぐらいから、親指の付け根の膨らみをぐるっと囲った形をしていますが、他にもいろいろな形の生命線がありますのでいくつか紹介しておきます。

鎖状になっている
生命線が1本の線ではなく、鎖のように何本かの線がより合わさったような人がいます。
図のようにきれいな鎖状でなくて一部だけなっていたりもっと細かく寄り合わさっているものもあります。

切れ切れになっている
やはり1本の線ではなく、全体が切れ切れになっている人がいます。

末端が二またになっている
生命線は上から下へと伸びる線ですが、末端の部分が2本に分かれている人がいます。

末端が切れ切れになっている
末端から、薄く細い線が何本も出ていたり生命線から離れたところに薄く細い線が何本かある人もいます。

2本ある
同じような濃さ太さの線が2本ある人がいます。

末端が分かれて1本が小指側に
末端の部分が2本に分かれていて、1本が小指側のほうに伸びている人がいます。

末端が小指側に流れている
ほとんどの生命線は親指側にカーブしているかまっすぐ下に伸びているかのどちらかですが、ごくまれに小指側のほうに伸びている人がいます。

末端が何本にも分かれている
末端が何本にも分かれていていろんな方向に伸びている人がいます。

途中から運命線と1本になっている
手のひらの下のほうから始まって中指に向かう線を運命線と言いますが、生命線が途中から運命線とくっついて1本になっている人がいます。

切れて重なっている
線が途中で切れて、少し離れたところにズレてある人がいます。

切れて重なっている
線が途中で切れて、切れた線にくっついて途中からまたはじまっている人がいます。

途中が薄くなっている
途中が薄くなったり消えている人がいます。

自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな感情線

004_2

一般的な感情線は、小指の付け根から手首の付け根までを4等分した上から4分の1ぐらいから始まって、親指側に向かってゆるやかに上向きにカーブして伸びていて、ほとんどが何本かの線がより合わさって伸びています。
他にもいろいろな感情線がありますのでいくつか紹介しておきます。

くっきり1本の線である
針金のようにくっきり1本の線の人がいます。

細かい鎖状になっている
きれいな鎖状でなくても、大小さまざまな大きさの鎖状になっていたり、何本もの線がより合わさって幅の太い線になっている人がいます。

切れ切れになっている
感情線はほとんどの人は1本に繋がっているのですが、何ケ所も切れている人がいます。

くっきりした線が波形
くっきりとした針金のような線が波形になっている人がいます。

上側にもう1本感情線がある
感情線の上にほとんど同じ程度の濃さ太さの線がもう1本ある人がいます。
2本の線は平行している場合が多いですが、なかには離れたり交差したり途中からくっついて1本になっていることもあります。

下側にもう1本感情線がある
もう1本の線が下側にある人もいます。
やはり、2本の線は平行している場合が多いですが、離れたり交差したり途中からくっついて1本になっていることもあります。

先端がいくつかに分かれている
先端が同じような濃さ太さの線で何本にも分かれていたり、薄く細い線が途中から出ている人もいます。

切れて重なっている
線が2本に切れ、重なっている人がいます。
重なり方は次の線が上側ということも下側ということもあります。

途中が薄くなっている
線の途中が薄くなっていたり消えている人がいます。

2本が1本になっている
始まりが2本で途中からくっついて1本になっている人がいます。

手の端まで伸びている
先端が手のひらの途中ではなく、親指側の端まで伸びている人がいます。

知能線とくっついている
先端が知能線のはじまりの部分にくっついている人がいます。

自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろな知能線

005_2

一般的な知能線は、親指側の生命線と同じ所から始まって小指側のほうにゆるやかに下降して伸びていますが、他にもいろいろな知能線がありますのでいくつか紹介しておきます。

鎖状になっている
ほとんどの人の知能線は1本の線ですが、何本かの線がより合わさって鎖状になっていたり一部分が鎖状になっている人がいます。

切れ切れになっている
1本の線ではなく切れ切れになっている人がいます。

波形になっている
1本の線が波形になっている人がいます。

手の端まで伸びている
先端が手のひらの小指側の端まで長く伸びている人がいます。

生命線から離れてはじまる
ほとんどの知能線は生命線と同じ所からはじまっていますが、離れてはじまっている人もいます。

手の端から離れてはじまる
生命線のように手の端からではなく、人さし指の下のほうからはじまっている人がいます。

生命線の途中からはじまる
やはり手の端からではなく、生命線の途中からはじまっている人がいます。

先端が2つに分かれている
先端が2つに分かれている人がいます。
先のほうだけ小さく分かれていたり、はじまりに近いところから大きく分かれている人もいます。

2本ある
知能線が2本ある人がいます。
図のように2本目が短いことも、2本とも同じような濃さ長さということもあります。

先端が上側に向かっている
ほとんどの知能線は下側に伸びていますが、まれに上側に曲がっている人もいます。

大きく曲がって垂れている
生命線と同じようなカーブで手首のほうに向かって垂れている人がいます。

手の真ん中に短くある
中指の下のほうからはじまる短い線の人もいます。

自分でできる手相鑑定マニュアル:いろいろなマスカケ相

006

感情線と知能線がいっしょになって1本の線になっている人がいます。
ちょうど、手のひらにひらがなの「て」の形があるように見える相です。

マスカケ相は親や兄弟・親戚などまわりにマスカケの人がいるので、自分の手相が特別変わっているとは知らない人が多いのですが、実際には100人に2、3人と言われています。
反対に基本の線が3本ある人は、マスカケ相を全く見たことがないという場合が結構多いです。

一般的なマスカケ相
生命線と同じぐらいの濃さ太さの線が手のひらを真直ぐに横切り、親指側は生命線のはじまりにくっついています。
他にもいろいろな知能線がありますのでいくつか紹介しておきます。

感情線と知能線の間に1本線がある
感情線と知能線の間に濃く太い線があって繋がって、1本の線に見える人がいます。
この形はマスカケ相と判断します。
間にある線が薄く細い場合には、マスカケ相ではありません。
片手だけこの相という人が多いのですが、鑑定をする場合には右手がこの形の場合にマスカケ相として判断して下さい。

マスカケ線が鎖状である
マスカケ線が1本の太い線ではなく細い線が何本かより合わさっている人がいます。
全体的に鎖状の場合と一部分が鎖状の場合があります。

マスカケ線が切れ切れである
マスカケ線が切れ切れになっている人がいます。

マスカケ線が大きく2つに分かれている
マスカケ線の途中から分かれた線が手首のほうに向かって下降している人がいます。

マスカケ線が小さく2つに分かれている
マスカケ線の小指側の端のほうから分かれた線が下に向かって短く伸びている人がいます。

自分でできる手相鑑定マニュアル:健康運をみる

008

自分の持つ健康運を知り、弱い部分を重点的に改善する努力をする、そのために健康運をみます。

健康状態はおもに生命線と健康線でみますが、手のひらの色でも病気の有無がわかります。

全体的にきれいなピンク色なのが健康な状態です。
全体的に赤い、これは赤い部分が斑点状な牛肉のしもふりのような状態のもので、こういう人は高血圧、または糖尿病の可能性があります。
一部分、月丘の部分が赤い人は、肝臓疾患の可能性があります。
手全体が黄色い人は、これは黄疸・肝臓疾患の可能性があります。
手全体が白い人は低血圧、青白い人は肺の病気・貧血の可能性があります。
青筋が出ている人は、血管の病気・循環器系の病気、また心筋梗塞や脳いっ血を起こす可能性があります。

自分でできる手相鑑定マニュアル:生命線をみる(1)

009

生命線はケガや病気の可能性と健康状態をあらわす線で、 健康運をみる時に一番重要な線です。
手相は変わるとはじめに言いましたが、この生命線も健康的な生活をしていればどんどん良い線になっていくし、また不摂生な生活やハードな労働を続けることによって悪いものにも変化していきます。

まず、生命線の濃さ太さをみます。
生命線は感情線や知能線に比べて濃いのか薄いのかということです。

生命線の濃さ太さは病気やケガに対する抵抗力の強さ、体質的な生命力をあらわします。
生命線の濃い人は遺伝的な生命力が強く健康で、災害などの危機的な状況にあったとしても最後まで生き残る確率が高い人です。
反対に薄く細い人は体質的な生命力が強くないので、人一倍健康管理に気を付けなければいけません。

010

次に生命線のカーブの大きさをみます。
標準のカーブは中指の真ん中から手首に真直ぐに下ろした線まで張り出しているものです。

標準より大きいカーブで線の濃く太い人は、活力・気力があり身体も丈夫です。
これで線がくっきりと切れ目もなければ、最も良い健康運の持ち主と言えます。
標準より大きいカーブで線が薄く細い人は、活力・気力はあるが実際の体力は伴いません。
こういう人は気力だけで突っ走って無理をして、健康を損なう可能性が強いので要注意です。

標準より小さいカーブで線の濃く太い人は、活力・気力はあまりなく気弱な感じだが実際の体力はあります。
標準より小さいカーブで線の薄く細い人は、活力・気力も実際の体力もあまり無いので良い健康運とはいえません。
しかし健康管理に気を付け、体質改善につとめれば生命線も良いものに変わっていきます。


011

良い健康運の生命線の線の形は、1本くっきりしたものです。

鎖状なら病気やケガに対する抵抗力が弱く虚弱体質です。
図のようにきれいな鎖状ではなくても薄く細い線が何本かより合わさっていても同じ意味になります。
生命線が切れ切れなら 病気にかかりやすい・ケガをしやすいという意味です。

生命線が鎖状や切れ切れの人は、自分が無理のきかない体だと自覚して人一倍健康管理に気を付け、体質改善につとめれば、生命線も良いものに変わっていきます。

自分でできる手相鑑定マニュアル:生命線をみる(2)

012

生命線の長さも体質的な生命力の強さ、病気やケガに対する抵抗力の強さをあらわしています。
生命線が長いと長寿の可能性が高いですが、実際の寿命は病気だけでなく事故や災害によるケガも関係してきますので、一概に長い生命線イコール長寿とは言えません。

一般的な生命線の長さは先端が手首の付け根あたりまで伸びているものです。

長い
手首近くで親指の付け根側に曲がって長く伸びていれば、長寿の可能性は高いです。

短い
短い生命線の人は病気やケガに対する抵抗力が弱く体質的な生命力が強くないので、人一倍健康管理に気を付けなければいけません。

運命線と合流している
短い生命線でも途中から中指に向かう手首から中指に向かう運命線とくっついて1本になっていれば、むしろ長い生命線と判断し、強い生命力があると言えます。

生命線の末端に薄く細い線が長くあったとしても、それは生命線としてみることは出来ません。
あくまでも濃く太い線の末端が、生命線の長さです。

生命線が短かったり切れていたりしても、健康管理に気をつけ日頃から慎重な行動を心掛けることで線が伸びたり繋がったりしていきます。
たとえ線に変化がなくても、それらの努力によって病気やケガも軽くすんだり災難を避けられたりします。

013

生命線の長さも体質的な生命力の強さ、病気やケガに対する抵抗力の強さをあらわしています。
生命線が長いと長寿の可能性が高いですが、実際の寿命は病気だけでなく事故や災害によるケガも関係してきますので、一概に長い生命線イコール長寿とは言えません。

一般的な生命線の長さは先端が手首の付け根あたりまで伸びているものです。

長い
手首近くで親指の付け根側に曲がって長く伸びていれば、長寿の可能性は高いです。

短い
短い生命線の人は病気やケガに対する抵抗力が弱く体質的な生命力が強くないので、人一倍健康管理に気を付けなければいけません。

運命線と合流している
短い生命線でも途中から中指に向かう手首から中指に向かう運命線とくっついて1本になっていれば、むしろ長い生命線と判断し、強い生命力があると言えます。

生命線の末端に薄く細い線が長くあったとしても、それは生命線としてみることは出来ません。
あくまでも濃く太い線の末端が、生命線の長さです。

生命線が短かったり切れていたりしても、健康管理に気をつけ日頃から慎重な行動を心掛けることで線が伸びたり繋がったりしていきます。
たとえ線に変化がなくても、それらの努力によって病気やケガも軽くすんだり災難を避けられたりします。

自分でできる手相鑑定マニュアル:生命線をみる(3)

014

生命線のはじまりの部分が鎖状になっていたり切れ切れになっていたりして乱れていると、呼吸器系が弱いという意味になります。
気管支炎や肺炎、喘息など、呼吸器系の病気には注意が必要です。
また、子供の頃に呼吸器系の病気にかかっていたという意味もあります。

起点の部分がなく、生命線が途中からはじまっている人がごくまれにいます。
そういう人は、出産時や子供の頃に生命にかかわるような深刻な状況を経験している場合が多いです。


015

生命線の末端が何本も薄く細い線が出ていたり、生命線自体が何本もの薄く細い線だけになっていたり切れ切れになっていたりして、乱れていると消化器系が弱いという意味になります。
胃や腸などが弱いので、暴飲暴食やストレスなどに注意が必要です。
また、老年期に体調をくずすという意味もあります。

末端が分かれていても、分かれた線が濃く太い場合には当てはまりません。

より以前の記事一覧